奥野高徳はなぜ成功できたのか

奥野高徳氏の成功は「人生すべてを学びに変えたこと」にあった!

>

奥野高徳氏の挑戦の軌跡

伝説のスカウトマン誕生

奥野高徳氏は、幼少期から父親が経営するキャバクラ店を遊び場としており、兄弟も姉が2人、妹一人と女性の気持ちを理解することが出来る環境に育ちました。
この女性の気持ちを理解する事ができる事で後々スカウトした女性たちのサポートをしていたのでしょう。

大学生のころに黒服になると、持ち前のセンスで頭角を現し、わずか8か月という驚異のスピード出世で20歳にして風俗店の店長となっています。
通常ならば、20歳で風俗店店長は驚異的な事ですが、奥野高徳氏は同時にキャバクラ嬢のスカウトマンとしても活動し様々な成果を上げています。

その時のスカウト活動では奥野高徳氏がスカウトした女性たちは軒並み成功、奥野高徳氏がスカウトする女性は必ずナンバー1になると言われていました。

次々と新業種を開拓

奥野高徳氏はキャバクラの店長で辣腕を振るいながら、スカウト会社でもスカウトとして活躍していました。
この時は1日で100人以上の女性に声をかけて、10人以上に名刺を渡すことに成功し、スカウトされた女性たちは必ずと言っていいほど活躍したそうです。

風俗店店長とスカウト会社でのスカウトの二足わらじを履いたハードワークを送りながら、奥野高徳氏は23歳の時に独立してスカウト会社を立ち上げました。
このスカウト会社は奥野高徳氏の辣腕により、順調に発展して会社が大きくなり、全国に展開しようとした矢先、東京都の条例改正によって、路上でのスカウト活動が禁止され全国展開を断念しました。

そこで奥野氏は逆境に負けず、カラオケバー、ワインバー、不動産、IT事業に果敢に挑戦して、現在もその挑戦を続けています。
この姿勢こそが奥野高徳氏の成功の理由ではないでしょうか?


この記事をシェアする
TO_TOP